Category Archives: 未分類

モンクレールの良さを夫婦で実感。

夫の仕事の都合でドイツに駐在している時に、街中のセレクトショップのキッズコーナーでモンクレールのコートを購入しました。

私は身長が150センチほどしかなく小柄なので、海外のキッズサイズがちょうどよく、普通のレディースのモンクレールのコートよりもかなりお得に購入できました。

また、日本でモンクレールを購入するよりも5万円以上安く購入でき、結局夫も欲しくなり、同じお店でモンクレールのコートを購入しました。

初めてモンクレールのコートを着て冬を過ごした感想は、軽くて暖かいと思いました。

一度モンクレールのコートの良さを知ってしまうと、他のコートを着れなくなってしまったほどです。

日本に本帰国し、ドイツで購入したモンクレールのコートを着ていると、ヨーロッパ限定のデザインなのかキッズ専用のデザインなのかはわかりませんが、日本では売っていないデザインらしく、よく友人に「そのモンクレールどこで買ったの?とてもおしゃれだね。」と褒められます。

お値段の高いコートですが、飽きることなく長く着れるデザインなので、良い買い物をしたと夫婦とも満足しています。

また、モンクレールを着ていると優越感を味わえると同時に、しゃんとした気持ちになり、気合いが入ります。

小さい子供がいるので、汚されないように気をつけ、大切にたくさん着てあげようと思います。 また、息子たちが大きくなったら、彼たちにも貸してあげたいなとも思っています。

モンクレールは薄手でサラリーマンに合う

dff7c_1481_f18a5103496f9bfcf6b6ca4ee3f94979

初めてモンクレールを購入するとき一度袖を通してみましょう。身幅のサイズ、袖の長さなど自分のシルエットに会うかどうか見てください。

モンクレールは身幅サイズ間に合わせてみましょう。モンクレールの特徴のシルエットの綺麗さは身幅にあってこそきれいなラインがでます。

ジップをあけたまま着用するなら身幅のサイズより小さいサイズのほうがシルエットがきれいに出ます。

寒い時期何をきるのか考えてワンサイズ大きなサイズを買ってみるのもいいですが、普段使いを考えるときジャストサイズをお勧めします。

厚着しなくてもモンクレールは酷寒出ない限り薄手ニットあたりで問題ありません。モンクレールグルノーブルが放つエレガントな美学はスノースポーツが富裕層に限定されていた時代を思わせます。これはモンクレール伝統を深く表現していて、輝かしい過去と当代の奥行が感じられます。

スキー場でリラックスや都市部で生活するときの快適さも残されてるのが特徴。ガム・ブループロジェクトはモンクレールをきるとジャケットの新たな夜明けの到来です。オリジナルの定型的で魅力的ブリッティッシュツイードや、モンクレール代名詞のガチョウダウンをつかってます。

モンクレールガムルージュコレクションは革新的な割合、繊細さや貴重な刺繍など洗練されたハンドクラフトの仕上げになっています。幅広い年齢層から支持されてるモンクレールは40,60代ビジネスマンがこぞってジャケット購入していて理由はシルエットが太目ではないモンクレールですが、最近細身になってよりタウンユースを意識したモデルが多くて、本格的ダウンウエアであり細身で高級感があるスマートに着られるというのがビジネスマンを引き付けました。

モンクレールはダウンジャケットやダウンベストで世界的に有名なブランドですが、日本ではここ数年で特に爆発的なブームになっています。スキーブランドや登山用アイテムのブランドが冬の防寒着の人気ブランドになることはよくありますが、実はモンクレールも元々は登山やスキー用の防寒着を提供していて、90年代に入ってからファッションブランドとして名前が知られるようになりました。

日本で人気になった大きな理由としては、SMAPの木村拓哉さんがCMで着用していたのがキッカケになったと言っても過言ではないでしょう。

428_1

当時の木村拓哉さんは人気のピークで、ドラマやCMで着用していたアイテムは飛ぶようにヒットしていました。

当時CMで着用していた黒のモンクレールのダウンジャケットも当然話題になり、ミーハー感は否めませんがそこから日本でのモンクレールブームが始まります。

もちろんモンクレールのダウンは防寒着としても優れています。フランスの厳しい品質検査をクリアした高級羽毛が使用されていて、その羽毛の使用量もトップクラスです。そのためモンクレールのダウンジャケットを実際に手に取ってみると、他のダウンよりも軽さがあって暖かいというのがよくわかるでしょう。

スーツにも合わせることができるシャープな作りが体にフィットして、しかも軽さがあるので動きも制限されにくく着こなしかたを選びません。ここ数年の日本のファッションは全体的にタイトなシルエットが人気と言うこともあって、今後もモンクレールの人気は続いていきそうです。

参考サイト

モンクレールダウンジャケットを買うならMSTOREがおすすめ(http://mstore.jp)

性能に優れているモンクレール

モンクレールのダウンジャケットは性能に優れています。

特にモンクレールのジャケットはデザインがカッコイイのに、しっかりと温かいという事です。

着用した感覚は気持ちが良くて、冬になるとモンクレールのジャケットさえあれば十分に過ごせるといっても過言ではありません。

モンクレールの良さは、ちゃんと風を遮断してくれる所です。

今まで私が着用していた安いダウンジャケットでは、風が吹く度に肌寒い感覚になっていました。

モンクレールのジャケットを着用してからはそういった事がなくなったので、風をしっかりと遮断してくれるんだと感じました。

そして何といってもデザインがとてもカッコイイのがモンクレールです。

流石フランスで生まれたラグジュアリーダウンの老舗ブランドで、ヨーロッパの上流階級から愛されているだけあります。

シンプルなのにカッコ良さを出せる所が世界中の人から愛されている理由だと思います。

値段は他のダウンジャケットに比べると高い方かもしれませんが、十分に損をしない物です。

1着だけ購入するだけでも長年愛用する事が可能なのでむしろ得になります。

モンクレールと聞くと、男性しか着ないイメージがありますが、女性や小さいお子さんが着ても変ではありません。

ダウンジャケットというのは一生ものの買い物です。

安いダウンジャケットでは性能が落ち買い替える必要が出てきます。

しかしモンクレールのダウンジャケットは、性能が落ちる事なくずっと愛用し続ける事を可能にしてくれるので、世界中の人から愛されています。

モンクレールダウンジャケットの特徴とそれ以外の製品の特徴

モンクレールと言えば、ダウンジャケットやベストが有名です。「グース」という鳥の産毛のみを使ったのが特徴的です。また機械ではなくて、職人達による手作業のため、完成までに時間がかかります。

プロの登山家達や世界中から認められる一流の老舗ブランドです。

実は、モンクレール社はもともとはフランスに本社がありましたが、イタリアのミラノに移りました。恐らく、ダウンジャケット以外に様々な洋服や小物を販売して、ダウンジャケット以外も扱う有名なファッションブランドとしての地位を確立するために移ったと予想されます。

実際、有名なモンクレールのロゴをあしらったメンズのポロシャツや女性のワンピース、アクセサリー、帽子、サングラスまでが誕生しました。それらを見ると、やはりイタリアの影響を受けているのが分かります。

モンクレールの半袖のポロシャツですが、コットンの鹿の子地で通気性や速乾性に優れています。当然、モンクレールのロゴがあったり、ボタンにあしらっている服まであります。どちらかというと、地味なダウンジャケットやコートと違って華やかな印象を与えますね。クールビズやプライベートなど、ビジネスや遊びでも活用できます。

これからは、冬だけでなくて夏やオールシーズン活躍できそうです。

カップルではまれるモンクレールの魅力

当時の彼氏は、なによりも欲しい服を優先するようなおしゃれ大好き人間で、そして大のモンクレールマニアでした。ブランドにも詳しく、似合う服を選ぶのも上手だったので、私が着る服もコーディネートしてもらい一緒に買いに行くのが楽しみでした。

私は身長が低く、小柄で細身なためダウンを今まで着たことがありませんでした。私のような小柄な人がダウンを着ると、服に着られているような着ぶくれ感があり、どんなに寒くても買ったことはありませんでした。しかし彼にすすめられたモンクレールのダウンを試着してみると、思っていたよりもほっそりとして見えて、すぐに気に入ってしまったので購入しました。それに薄くで軽そうに見えたのに、他のコートより断然暖かく感じましたモンクレールのダウンは、細身で他のメーカーのものよりすらっと見えるデザインが多い思います。そして軽くて暖かい。

一度着てみるとわかると思うのですが、ふんわり包みこまれる暖かさで、脱ぎたくなくなってしまいます。このダウンを着だすと、モンクレールを着ている人を見かける度に「この人はなかなかわかってる!」とかなり偉そですが、心の中でつぶやいています。お値段は高い!と思います。簡単買える値段ではないのですが、その分品質は間違いなし。冬の必需品です。

何年も前に買ったものを今でも着ていますが、デザインがシンプルなので古くさい感じはしません。スタイルも気のせいか良く見えるので、大切な一着となっています。

これさえ押さえておけば大丈夫!モンクレールの知識

ダウンと言えばモンクレール。

一着は押さえておきたいダウンだと思いますが持っている人でもあまり知られていないのが「ブランドライン(特定の下にある製品の集合のこと)」です。

「モンクレールだから持っておきたい」ではなくそれぞれのブランドラインにはねらいがあるので知っていると選ぶときに参考になると思います。

【モンクレール】

一番の主流で人気も高いです。現品にはカスタマーカード(証明書)があり並行輸入品には付いていません。ガース(がちょう)の最高品質の産毛を使用しておりモンクレールでしか味わえない着心地になっています。

【モンクレール・グルノーブル】

2010年にスタートをし、スキーウェア、シティウェアなどで構成されており上品なディテール、カラーを使用しています。

【モンクレールガム・ブルー】

トムブラウン氏を迎えて2009年にスタートし、モンクレールの高級ラインと位置付けており値段も少し高めに設定されています。

【モンクレールガム・ルージュ】

2006年にモンクレールの最高級ラインとして発表し、エレガンスさがあり品質も高いため多くの支持を集めています。

【モンクレールV】

中村ヒロキ氏を迎えてのメンズの新しいラインです。モンクレールの伝統的なフォルムが魅力的に生まれ変わった作品です。

【モンクレールS】

クリストファーレイバーン氏による新ラインです。ミリタリーカラーで統一していて裏地もブルーでアクセントがあります。

【モンクレールa】

アミアレクサンドルマディッシ氏と制作をしており、ビックシルエットが特徴で初のデニムアウターを取り入れています。

【モンクレールE】

アーデムモラリオグル氏との制作です。花をモチーフにしており上品な素材を取り入れながらも2wayジャケットなどの機能性も充実しています。

他にもデザイナーとコラボしている商品があり、あなたに合った商品を見つけてみてもおもしろいのではないでしょうか?

今自分が持っているモンクレールがどのラインか調べるもの楽しいと思います。

モンクレール専門通販でもモンクレールのラインナップが詳しく紹介されているので参考にしてみてください。

モンクレールのおすすめダウンジャケット

モンクレールはダウンジャケットが人気のフランスのブランドです。トレンチコートなどもありますが、やはり手に入れるならダウンジャケットでしょう。最高級の軽い羽毛を使用し、高品質の商品ですから、お値段は張りますが、いったん入手すれば長く着られます。

ダウンジャケットのうち、ロングダウンジャケット、ショートダウンジャケット、それにダウンベストがありますが、できれば全部1着ずつぐらいそろえたいところですね。とりあえず、寒さを感じないで冬を乗り切るには、ロングダウンジャケットが1枚あるといいと思います。冬の一番寒いときに、数ヶ月間毎日でも着られるところがいいですね。いろいろな種類やカラーがそろっていますが、特におすすめしたいのは、ジュヌブリエのブラックのダウンジャケットです。細身のシルエットがオシャレだし、フードにはベージュのファーがついていて完璧に暖かいです。どんなファッションの上にも着られますし、これ1枚あれば、冬じゅうファッショナブルに上品に過ごすことができるでしょう。ともかく、寒さを完全にシャットアウトしてくれるのが嬉しいところです。防寒の機能を果たしてくれて、しかもオシャレなデザインというところが無敵です。

あとは、季節の変わり目の微妙な時期などの温度調節にいいダウンベストもオススメです。一日に寒暖差があったりする時期などに重宝します。こちらもデザインやカラーがたくさん揃っていますが、シンプルなデザインのリアンヌなどが着やすくていいと思います。イエロー、ピンク、レッドといった明るい色もお好みで選んでみればいいと思いますが、やはり合わせやすいベージュなどが活躍できるのではないでしょうか。