モンクレールは薄手でサラリーマンに合う

dff7c_1481_f18a5103496f9bfcf6b6ca4ee3f94979

初めてモンクレールを購入するとき一度袖を通してみましょう。身幅のサイズ、袖の長さなど自分のシルエットに会うかどうか見てください。

モンクレールは身幅サイズ間に合わせてみましょう。モンクレールの特徴のシルエットの綺麗さは身幅にあってこそきれいなラインがでます。

ジップをあけたまま着用するなら身幅のサイズより小さいサイズのほうがシルエットがきれいに出ます。

寒い時期何をきるのか考えてワンサイズ大きなサイズを買ってみるのもいいですが、普段使いを考えるときジャストサイズをお勧めします。

厚着しなくてもモンクレールは酷寒出ない限り薄手ニットあたりで問題ありません。モンクレールグルノーブルが放つエレガントな美学はスノースポーツが富裕層に限定されていた時代を思わせます。これはモンクレール伝統を深く表現していて、輝かしい過去と当代の奥行が感じられます。

スキー場でリラックスや都市部で生活するときの快適さも残されてるのが特徴。ガム・ブループロジェクトはモンクレールをきるとジャケットの新たな夜明けの到来です。オリジナルの定型的で魅力的ブリッティッシュツイードや、モンクレール代名詞のガチョウダウンをつかってます。

モンクレールガムルージュコレクションは革新的な割合、繊細さや貴重な刺繍など洗練されたハンドクラフトの仕上げになっています。幅広い年齢層から支持されてるモンクレールは40,60代ビジネスマンがこぞってジャケット購入していて理由はシルエットが太目ではないモンクレールですが、最近細身になってよりタウンユースを意識したモデルが多くて、本格的ダウンウエアであり細身で高級感があるスマートに着られるというのがビジネスマンを引き付けました。

モンクレールはダウンジャケットやダウンベストで世界的に有名なブランドですが、日本ではここ数年で特に爆発的なブームになっています。スキーブランドや登山用アイテムのブランドが冬の防寒着の人気ブランドになることはよくありますが、実はモンクレールも元々は登山やスキー用の防寒着を提供していて、90年代に入ってからファッションブランドとして名前が知られるようになりました。

日本で人気になった大きな理由としては、SMAPの木村拓哉さんがCMで着用していたのがキッカケになったと言っても過言ではないでしょう。

428_1

当時の木村拓哉さんは人気のピークで、ドラマやCMで着用していたアイテムは飛ぶようにヒットしていました。

当時CMで着用していた黒のモンクレールのダウンジャケットも当然話題になり、ミーハー感は否めませんがそこから日本でのモンクレールブームが始まります。

もちろんモンクレールのダウンは防寒着としても優れています。フランスの厳しい品質検査をクリアした高級羽毛が使用されていて、その羽毛の使用量もトップクラスです。そのためモンクレールのダウンジャケットを実際に手に取ってみると、他のダウンよりも軽さがあって暖かいというのがよくわかるでしょう。

スーツにも合わせることができるシャープな作りが体にフィットして、しかも軽さがあるので動きも制限されにくく着こなしかたを選びません。ここ数年の日本のファッションは全体的にタイトなシルエットが人気と言うこともあって、今後もモンクレールの人気は続いていきそうです。

参考サイト

モンクレールダウンジャケットを買うならMSTOREがおすすめ(http://mstore.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>