これさえ押さえておけば大丈夫!モンクレールの知識

ダウンと言えばモンクレール。

一着は押さえておきたいダウンだと思いますが持っている人でもあまり知られていないのが「ブランドライン(特定の下にある製品の集合のこと)」です。

「モンクレールだから持っておきたい」ではなくそれぞれのブランドラインにはねらいがあるので知っていると選ぶときに参考になると思います。

【モンクレール】

一番の主流で人気も高いです。現品にはカスタマーカード(証明書)があり並行輸入品には付いていません。ガース(がちょう)の最高品質の産毛を使用しておりモンクレールでしか味わえない着心地になっています。

【モンクレール・グルノーブル】

2010年にスタートをし、スキーウェア、シティウェアなどで構成されており上品なディテール、カラーを使用しています。

【モンクレールガム・ブルー】

トムブラウン氏を迎えて2009年にスタートし、モンクレールの高級ラインと位置付けており値段も少し高めに設定されています。

【モンクレールガム・ルージュ】

2006年にモンクレールの最高級ラインとして発表し、エレガンスさがあり品質も高いため多くの支持を集めています。

【モンクレールV】

中村ヒロキ氏を迎えてのメンズの新しいラインです。モンクレールの伝統的なフォルムが魅力的に生まれ変わった作品です。

【モンクレールS】

クリストファーレイバーン氏による新ラインです。ミリタリーカラーで統一していて裏地もブルーでアクセントがあります。

【モンクレールa】

アミアレクサンドルマディッシ氏と制作をしており、ビックシルエットが特徴で初のデニムアウターを取り入れています。

【モンクレールE】

アーデムモラリオグル氏との制作です。花をモチーフにしており上品な素材を取り入れながらも2wayジャケットなどの機能性も充実しています。

他にもデザイナーとコラボしている商品があり、あなたに合った商品を見つけてみてもおもしろいのではないでしょうか?

今自分が持っているモンクレールがどのラインか調べるもの楽しいと思います。

モンクレール専門通販でもモンクレールのラインナップが詳しく紹介されているので参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>